コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

チネイザンワークショップータッチー覚書

昨日は、所属している日本チネイザン協会主催のワークショップに行ってきました。

チネイザンでは、施術を「マッサージ」とは考えておらず「タッチ」と称しています。
マッサージというと、よくないところを治すものってイメージが強いのですが、タッチというと、もっと広い意味でのスキンシップや、交流を指すのだと思います。
腸マッサージがブームになっている最近ですが、チネイザンは似て非なるものです。

改めて「タッチとは何か」を考える2時間のワークショップ。
今回はお腹を使っての練習はナシで、いつも触っているものを目隠しして触る、などのゲームもあり、ちょっと面白い内容でした。

「タッチ」や「触れる」ということに関して、とても興味深い記事を読んだことがあります。
ヤマケイ(山岳雑誌)の記事でした。

遭難が多いことでも知られる埼玉県の両神山で単独登山していた男性が滑落し、足の開放骨折で思うように動けない身体で遭難してしまったそうです。帰りを待つご家族の証言から、両神山のこのルートではないか?と仮説を立てて救助隊が捜索しますが、男性はみつかりません。
当の男性は食糧もなく衰弱しきって、沢の水だけで生き延び、、、
ついに14日目にして救助隊に発見されたのです。
救助隊が遭難者を確認し近づいていったその時に、男性が言った一言は、
「手を握ってもらえますか?」
だったそうです。

食べ物を下さいでもなく、どこそこが痛いでもなく、「手を握ってもらえますか?」。
遭難すると、死への恐怖心から幻覚や幻聴もよく現われると言いますから、視覚などは意外とあてにならない部分があります。
誰かに触ってもらうことは、「生きている」実感を得る一番確かな方法なのかもしれません。

※山岳雑誌の記事ですので、記事の趣旨は「登山届(ルート記入)は必ず出しましょう」でしたが、私は別なところに感動してしまいました。

-----------

どうしようもなく落ち込んだ時なんか(滅多にないですけどたまに)、私の場合、マッサージやチネイザンを受けることが多いです。食べたり飲んだり誰かと話したりするよりも、よっぽど心が落ち着きます。
特にチネイザンは、不思議なくらい気分がよくなります。
また、自分が受ける立場になって改めて、タッチの重要性に気づくことができます。
人の身体に触れる仕事をしていると、だんだん慣れが出てきます。見聞きしたことを元に、思い込みでセッションをしてしまうこともあります。なるべくそうならないように、「タッチ」を大事にしなければと思っています。

チネイザンセッションのご用命は、当店までどうぞ。併設の恵比寿コアトリートメントスペースにて施術を行っています。
チネイザン75分 ¥14,000(税抜)




【お知らせ】
日本チネイザン協会では、現在チネイザンプラクティショナー養成コース第12期生を募集中です。
説明会も開催されています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
http://www.chineitsang.jp/


 
チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

チネイザンプラクティショナー養成コース10期が始まります

〜チネイザンの施術をすることにご興味のある方へ〜

日本チネイザン協会主催の、チネイザンプラクティショナー養成コースの第10期の募集がスタートしましたので、ご案内します。詳しくはリンク先をご覧ください。

プラクティショナー養成コース 第10期の募集です。
最新ニュースの中に、1/17(土)、 1/23(金)、1/24(土)に開催される説明会の案内があります。

インストラクターの大内先生は日本でただ一人、正式にチネイザンを教えることができる資格を持っています。養成コースを受講した後、既定の課題やテストをクリアすると晴れてチネイザンプラクティショナーとして認定されます。なかなか厳しい道のりですよー。
私がプラクティショナー認定を取得したのが2009年でした。
テクニックだけを教えてくれるところは、海外などでもいくつかあり、もっと簡単に認定をもらえるところもあるようです。大内先生からはチネイザンのテクニックだけではなく、瞑想や気功を通して、自分やクライアントの身体のとらえ方そのもの、それ以外にもここに書ききれない色々なことを学ばせていただきました(学ばせていただいています)。
今でも定期的にワークショップや練習会に参加して、ブラッシュアップをしています。

肉体と精神、それから感情、魂…からだにはいくつものレイヤーがあり、切り離せない関係にあります。
だから、いくら肉体だけを鍛えても人として健康とは言えないし、スピリチュアルにのめりこんで肉体を蔑ろにしてもダメなんですよね。それぞれをバランスよく、というのが結構難しい。
子供のころから薄々感じていた感覚を、チネイザンを学んで施術をするようになって、「ああ、やっぱり。そうだったんだ」と納得させられることが何度もありました。たぶんこれからも、たくさんあると思います。

写真は年末にチネイザン協会主催で開催された9期生の終了パーティ@TaoZenスタジオでの様子。
TaoZenでのパーティは、いつもおいしい料理(本当に美味しい!)と笑いがいっぱいで、こういう交流が続くこともチネイザンを続ける楽しみのひとつになっています。


施術をするつもりはまったくないけど、受けてみたい方は、お気軽にセッションのご用命を!
コアギャラリー&スパまで。日本チネイザン協会認定プラクティショナー山田幸代が施術させていただきます♪
チネイザン75分 ¥14,000(税抜)
お得な5回パッケージもあります。詳しくはWebサイトをご覧くださいませ。
チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

特別企画・チネイザンプレミアム体験Weekを開催します!

日本チネイザン協会「第九期チネイザン・プラクテョショナー養成コース(レベル1)」が4月16日(水)から開講されるのに合わせ、特別企画・チネイザンプレミアム体験Weekの開催が決定しました!
養成コースの受講を考えている方はもちろん、チネイザンってなんだろう?と興味はあるけど、まだ体験したことのない方には、絶好のチャンスです。

この特別企画とタイアップして、当店でも通常14,700円を、プレミアム体験Week期間中は8,400円にて施術させていただきます。
ぜひこの機会にチネイザンをご体験ください!

【日時】2014年2月22日(土)〜3月2日(日)
受付時間 11:00〜19:30(最終受付)

【料金】8,400円

【服装】腹部の出せる服装。こちらでも着替え(ゆったりしたパンツ)を用意しています。

【場所】コアギャラリー&スパ
担当:日本チネイザン協会認定チネイザンプラクティショナー 山田幸代(第一期養成コース卒業)

【注意事項】
協会HP「チネイザンとは」、「チネイザンを受けるには」をお読みいただき、チネイザンの施術は治療行為でないことをご理解のうえ、お申込みください。(重い病気や原因不明の慢性症状などがある方は、まず医師の診断を受けた上で、お申し込みください。)

【ご予約・お問い合わせ】
コアギャラリー&スパ
TEL 03-5475-2090
メール infoあっとcoregallery.jp
(「あっと」を半角@に変えて送信してください)

チネイザンプレミアム体験Week中のセッションは、ご予約を承れる枠が限られますので、お早めにご予約いただければ幸いです。ご予約をお待ちしております。

◆◆お知らせ◆◆
第九期チネイザン・プラクティショナー養成コース(レベル1)の説明会があります。
チネイザンに少しでもご興味のある方にはご理解いただける絶好のチャンスです。
チネイザンのデモンストレーション、プログラムの詳細、Q&Aをはじめ、気功なども紹介されるので、お気軽にどうぞ。
【日時】
2/5(水)19時〜21時 担当:大内雅弘
2/19(水)19時〜21時 担当:土屋しずか
3/12(水)14時〜16時 担当:大内雅弘 19時〜21時 担当:大内雅弘
【料金】2,100円(当日精算)
【場所】タオゼン表参道スタジオ(http://www.taozen.jp/map/
【申込】chineitsang@taozen.jp ←※説明会の申し込み先です
◆◆◆◆◆◆◆◆

チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

チネイザンのリーフレットが出来ました

チネイザン(氣内臓セラピー)のご紹介のリーフレットができました。
私の所属する日本チネイザン協会で製作したリーフレットです。今までプリンターで自作したモノクロのリーフレットをお配りしていましたが、イラストなども入ったとてもわかりやすい読み物になりました。店内に置いてありますので、どうぞご活用ください。

チネイザンをお受けになったことがある方は、なんとなくチネイザンってこんなものかなぁ、とわかると思います。でも受けたことがない方は「気功」っていったい何するんだろう?「腸マッサージ」と何が違うのか?など疑問な点が多いはずです。
チネイザンを受けて、とても気に入ってくださったかたが、周りのお友達にも勧めたいんだけど、「何ていって説明したらいいのかわからない」という声も多いです。そんな時にこのリーフレットをお渡しいただくと良いですね〜!

私も先日久しぶりに他のプラクティショナーのセッションを受けました。
受けるたびに毎回違った味わいがあります。ただ単に身体がほぐれる、ゆるむ、リラックスする・・・そいういうことだけではなく、ウトウトしているのに思考や感情や色々な記憶が動き出すこともあります。言葉でうまく表せませんが、セッションが終わるといつもからだの中の何かが生まれ変わった感じがします。この間は5〜6時間かけて丁寧にからだをケアしてもらった気分でした。
もちろん具体的なからだの変化もたくさん経験していますが、このあたりは個人差なので、私があまり詳しく述べるよりも、人によって違う反応が出るのをわくわくしながら楽しんでいただきたいと思います。

ということで、チネイザンにご興味をもたれた方は、ぜひ一度お試しください。当店メニューでは75分14,700円です。(施術をお受けいただくにあたって注意事項がありますので、こちらもお読みくださいませ)
非常にソフトタッチなので、強いマッサージ的な刺激が苦手な方にも安心して受けていただけます。
チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

チネイザンインタビュー記事

チネイザンプラクティショナーのブログリレーの企画で、インタビューを受けた記事がアップされています。
インタビュアーがプラクティショナー仲間だったので、タメ口でえらそうに答えてるなぁ、と今読むと少し恥ずかしい感じですが・・・
こちらにも同じ内容でアップします。
---------------------------------------

チネイザンプラクティショナー山田幸代へのインタビュー
インタビュアー つかさ

恵比寿の「コアギャラリー&スパ」でチネイザンの施術をしているさちよさんにインタビューをしました。

つかさ チネイザンとのなれそめを教えて下さい。

さちよ 実はあんまり覚えていない(笑)チネイザンというものを説明した物を読んで、いくつかキーワードがひっかかった。
まだ受けても居ないし、理解しても居ないけど、ところどころ気になって、「習ってみたい」と思ったのがきっかけ。
「受けてみたい」ではなく「習いたい」だった。

つかさ セラピストとしてやってきて、受けたい、ではなく習いたいだった?

さちよ 同時でもあるんだけどね。習うからには、受講前に受けるから。
最終的には自分の技のひとつに加えられないか?その候補になるか?ということを考えました。

つかさ 技を増やしたいと思ったのですか?

さちよ ぜんぜん。増やす予定もなかったけど、たまたま。私みたいな仕事をしている人は、いろんな資格を取ってやる人もいるけど、どっちかというと私はそういうタイプではなくて、自分はひとつのことを淡々とやっていきたい。向上心とかではなく、勉強したいという欲でもなく、チネイザンはそのなかでどうしても惹かれるものがあって、自分でもふしぎだと思った。

つかさ お店のメニューにリフレクソロジーと組み合わせたメニューがありますが、チネイザンと足の関係に気付いたのは?

さちよ やってみてからですね。はじめはまったく別の物だと思っていました。
あらゆるボディワークって、別の物といいながら普遍性はあるから、そのあたりの予測はしていたけれども、すごく似たものだっていうのは実際にチネイザンを習い始めてから気付いた。
手順もけっこう似ているのですよ。

つかさ 手順も。へえ〜なるほど!
たとえばはじめは「大腸をやって」などという流れなのですか?

さちよ 大腸やって、横隔膜やって、とかそういう大まかな手順が似ている。組み立ての手順がチネイザンにはあって、それは「足」にもあるんですよね。

つかさ 「まず始めに排出の流れをよくして」ということですか?

さちよ そうそう。当然と言えば当然かな。出るところを確保してから、核心にせまっていく、というやり方が似ているな。足のほうがあります。

つかさ 核心ってなに?その人らしいところに入っていくこと?

さちよ 人によって違うけど、「ここを触って欲しいんだな」って思えることとか。

つかさ 「触って欲しい」ってところがタッチでわかる?

さちよ わかっているつもりかもしれないけど(笑) チネイザンのクラスで大内先生も話されているけれど、「自分が相手のお腹を触ってるんだけど、自分が触られてる感じに同時になっている」感じがする。それがうまくいくと、相手がどこを触って欲しいかがわかる気がする。

つかさ 相手に触れているとき、自分のお腹にも反応ありますか?

さちよ
 それはある。100%ではないけれど少なからずあるよね。



つかさ そもそも「初対面の人の腹を触る」っておかしいですよね(笑)

さちよ おかしいよね(笑)

つかさ それでも施術を受ける。

さちよ 腹決めて腹を出すしかない。

つかさ 初めてチネイザンを受ける方もいらっしゃるわけですが、みなさんお腹を見せることに抵抗はないのでしょうか。

さちよ 色々な方がいらしゃいます。
私も習っていくなかで「ある程度知っている人」にやりたいなと思った。「ある程度」というのがポイントで、「とても親しい人」には難しいというのが正直なところ。
ケーススタディの時も「ある程度知っている方々」にお願いして、ケースを取らせてもらっていたのだけど、ある時点からその方の友達とか、全く私の知らない人が来るようになって、でもその初対面の方々をやってみたら意外と手ごたえが良かったんですよ。その方たちは、瞑想にも気功にも全く興味はないし、体を触られるのに慣れているわけではない。でも喜んでいただけたし、私も嬉しかった。 そういうのってこっちが考えているだけであって、やってみないとわかんないよなってわかった。

つかさ 親しい人って難しいですよね。

さちよ そう、例えば家族にチネイザンをするのは、私の場合は難しい。テーマのひとつでもあるなぁ。でも自分自身にはできる。

つかさ 自分にできないことは人にやれないなとは思います。セルフチネイザン、効果ありますね。

さちよ ありますね。効果は絶大な気がする。元々便秘症だし、毎日ではないけど、やります。

つかさ チネイザンの施術は何年目ですか?

さちよ 4年目です。

つかさ チネイザンを取り入れたことで、他の施術、仕事、ご自分の生活に影響はありましたか?

さちよ とてもありますね。

つかさ 具体的にありますか?例えば便秘が治った、とか(笑)

さちよ 便秘の元になっている要因があるんだけど、それはわかるようになった。 前は「なんで食事気をつけて、運動もして、なんで便秘なんだろう?」って疑問に思ってたけど、「原因はおそらくこのへんのことだな」って察しがつくようになった。「治らなかったとしても不思議はないな」って思えるようになった。 考え方とか、そういう部分で引き起こされているんじゃないかなーって。からだってたいがいそういうことだと思うから。

つかさ 思考のパターンですね。

さちよ 思考のパターンが呼んでるよね。だって、大腸の長さが人より長いとかではないし(笑)食べ物ですらないかもしれない。
チネイザンをやったからってすぐに変わるものではなくて、子供の頃からそうだから、変えようがない。
何かのきっかけで変わったらいいなって思うけど。

つかさ 徐々に、ですか。

さちよ 一気にいろんなことが変わったりはしないけど、ひとつ気付いてまた変わって、と、そんな感じです。

つかさ 人生そのものじゃないですか(笑) それでも、受ける側は効果を求めるものでしょうか?

さちよ お客様は求めますね。1回ないし5回(※パッケージの単位)で成果を求める。それがないと、逆に来て貰っても困るかも。満足してもらおうと思ってはやっている。なんらかの変化は「起きたい」と思ってる。

つかさ 「起きたい」っていい言葉ですね。「起こしたい」ではなく。

さちよ 言われてみると!いい言葉だね〜。


チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

特別企画・チネイザンプレミアム体験Week開催!

私山田が所属している日本チネイザン協会で、第八期プラクティショナー養成コースが7月から開催されるのに合わせて、特別企画が用意されますので、下にお知らせいたします。
私も5/20(月)には施術者として参加予定です。
----------------------

特別企画・チネイザンプレミアム体験Week


「第八期チネイザン・プラクテョショナー養成コース(レベル1)」が
713日(土)から開講されるのに合わせ、特別企画・チネイザンプレミアム体験Weekの開催が決定しました!

養成コースの受講を考えている方、またはチネイザンってなんだろう?と興味はあるけど、まだ体験したことのない方には、絶好のチャンスです。
通常12,600円(←TaoZenスタジオ表参道での通常施術料金)を、プレミアム体験Week期間中は8,400円にて施術させていただきます。

ぜひこの機会にチネイザンをご体験ください!

【日時】2013518日(土)〜26日(日)
 11時〜 13時〜 15時〜 17時〜 19時〜
※約1時間15分のセッションです。

【料金】 
8,400円(当日精算)

【服装】腹部の出せる服装

【注意事項】
「チネイザンとは」http://www.chineitsang.jp/category/whats_cnt 
「チネイザンを受けるには」http://www.chineitsang.jp/category/howto 
をお読みいただき、チネイザンの施術は治療行為でないことをご理解のうえ、お申込みください。(重い病気や原因不明の慢性症状などがある方は、まず医師の診断を受けた上で、お申し込みください。)

【開催場所】
TaoZen表参道スタジオ(http://www.taozen.jp/map/

お申込み、お問い合わせは、
日本チネイザン協会
chineitsang@taozen.jp
電話 : 03-5464-7295
まで。


◆◆お知らせ◆◆

チネイザン・プラクティショナー養成コースの説明会があります。チネイザンに少しでもご興味のある方にはご理解いただける絶好のチャンスです。
チネイザンのデモンストレーション、プログラムの詳細、Q&Aはじめ、気功なども紹介されるので、お気軽にどうぞ。

◎東京での説明会

【日時】 5/18(土) 14時〜16
【料金】 2,100円(当日精算)
【場所】 タオゼン表参道スタジオ(http://www.taozen.jp/map/
【講師】 土屋しずか
お申込み、お問い合わせは、専用アドレス chineitsang@taozen.jp まで。

◎京都での説明会

【日時】 6/29(土) 19時〜21
【料金】 2,100円(当日精算)
【場所】 京都嵐山「らんざん」宴会場(嵯峨野)
http://www.kyoto-ranzan.jp/access/index.html
【講師】 大内雅弘
お申込み、お問い合わせ・・・ 受付終了しました。

チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

チネイザンブログの紹介

今日はブログの紹介をさせていただきます。

当店でトリートメントメニューの1つとしてやっている『チネイザン』。プラクティショナー(開業者とでも訳しましょうか)の資格を取ったのが2009年ですから、かれこれ4年が経ちます。
たくさんではありませんが、おかげさまで途絶えることなくチネイザンを受けに来てくださる方がいます。

長年オイルトリートメントのセラピストだった私にとっては、チネイザンもタオも未知の領域で、とても難しく感じる部分(あいまいで答えのないことが多いので)がありました。ですが、学び始めると、やはり「お腹」というのは無視できない存在で、真剣に学んでいこうと思うようになりました。
一緒に養成コースに参加していた同期の仲間とは今でも仲が良いですし、その後の期の人たちともいつの間にか、同士のコミュニティが出来上がっています。
自分のために学ぶ人もいますし、プラクティショナーの資格を取って、実際にプロとしてセッションをしている人もいます。

現段階で二十数名いるプラクティショナーが、持ち回りで記事を書き、週1回更新しているのがコチラ。

cnt_blog_title.jpg 

『チネイザンプラクティショナーのブログリレー』

現在いちおう私がまとめ役(=原稿催促係)をやっています。プラクティショナーにも文章が苦手なタイプとか色々な人がいまして、書いているのは一部の人になっていますが、それぞれの範囲で頑張っています。
記事の内容もさまざま。
いつまで続くのかも分からず、亀のような更新ペースでぼちぼちやっています。

ボディワークはただ心身にどう作用するかだけではなく、施術者がどのような背景をもってやっているか、という部分が重要ではないかと思います。少なくとも私はボディワークを受ける時に、施術者の「人となり」や「思い」に共感できなければ、どんなに効果がありそうでも受けることはありません。
これを読んだ方が、チネイザンまたは施術者のことを少しでも身近に感じて、自分も学びたいなと思ったり、1回でも良いのでチネイザンというものを体験してもらえたら良いと思っています。

他の人たちが「チネイザンとの出会い」的なものを書いているのを面白いなぁ、と思いながら読んでいます。出会いはいつも偶然のように見えて必然なのです。
私の「チネイザンとの出会い」もいつか書いてみよう。いや、もう覚えてないかも!
コアギャラリーのブログには書いていないセンチメンタル(?)なことをちょっと書いたりしています。

読者がまだ非常に少ないため、ここで宣伝させてもらいました。ブックマークしていただけると嬉しいです。たまにで良いのでのぞいてコメントでもお願いします。

チネイザン | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg