コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

柄on柄とか、ありですよ

前回メルマガの後記にもちらっと書きましたが、最近ファッション業界では、「スポンテニアス」という言葉が登場。
MBTという異端的なフットウェアを扱う私たちにとっては、良い風潮であります。

スポンテニアス(spontaneous)とは、「自発的な、任意の」というのが元々の意味。着る人の解釈によって着方が自在に変えられる脱構築的なアイデアのことです。
例えが難しいですが、
・超ロングのひらひらした袖
・前から見るとシンプルなプルオーバーだけど、後ろから見ると大胆なカッティング
・大きなリボンやボタンでもってシルエットが変幻自在な服
みたいな感じです。
ひとことで言うと「普通のデザインじゃないスタイル」ですね。
(MBTを履いていて)バランス的に「ちょっと足元でっか過ぎじゃない?」という状態も、わざとバランス崩してます、って顔で履いておけばOK。

あれだけ流行っていたノームコアの反動に違いないと思います。増してコンサバファッションなんて、東京ではほとんどお目にかからなくなりました。ハイヒールの女性も割合的に昔よりは少ないです。
世の中の流れとファッションは真逆を行くとよく言われるように、ちょっと息苦しい時代だからこそ、自由で型にはまらないファッションが受け入れられるのかもしれません。

さて、またさらに高度なチャレンジになりますが、今年の冬は柄on柄なんてコーディネイトもありですよ。
とっくにやってるわよ!って方もいるかもしれませんが。
よく店に来てくださるスタイリストのお客様も、先日さらりと「大胆な花柄のロングスカート」に「ボーダーのトップス」を合わせていました。足元はMBTのロングブーツ。ほんと、素敵なんです。

たまたまですが、私は今年少しだけ柄ものを着たい気分だったので、チェックのコートを買いました。
40才になった時に決別したつもりでいたアニマル柄アイテムも、いつの間にかまた買っています(笑)。冬になるとむくむくと。。。やっぱり好きなものは好き。
この年でこんな格好したらおかしいかな?
この体型でこの格好は似合わない。。?
いろんな固定観念を捨て、たまには思い切り楽しむのも良いんです。

さっそくチェックのコート(写真、わかりにくいですね…)とホワイトのカモ柄リュック、合わせてみました。



 
ファッション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

黒を楽しむ

皆さんは、黒が好きですか?
嫌いな人ってあまりいないかもしれません。「困った時の黒」とも言い、靴やバッグなどの小物を黒でまとめると、なんとなーくうくまとまってしまうのです。
MBTを販売する中で、やはり圧倒的に売れる色が黒です。(統計とっていませんが、感覚的には7〜8割は黒のMBTを販売していると思います)

でも、どうせ黒を身につけるなら「無難な」黒を卒業して、攻めてみてはどうでしょう。

質感やテイストを統一することで、もっと積極的に黒を楽しめます。


「MBTユージフリップ277W(カラー:ブラック)」はトレッキングシューズ用の赤×黒のシューレースに変更しました。
入荷したばかりのリュック「ベター クレッタースモール ウィズレザー」と。


艶のあるレザーの編み上げブーツは、今年っぽく派手色のシューレースで。

バリスティックナイロンのタフな雰囲気とよくあいます。

☆トレッキング用赤×黒のシューレース、数量限定ですが1,296円で販売中。ユージフリップに合わせて長さをご用意しています。

 

ここだけ見ると、なんだか「男の小物」って感じですが、女性用のショートブーツです。

リュックはユニセックスです。

フェミニンなスタイルと組み合わせても可愛いと思います。

ファッション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

トレッキングブーツ的なMBT

この秋冬のトレンドアイテムのひとつに、「トレッキングブーツ」「登山靴」のようなレースアップシューズがあります。
もちろんガチのアウトドア用のものではなくて、タウンユースのおしゃれブーツとしてです。
CHA●ELはじめハイブランドからも、たくさん発売されているのです。

そこでにわかに注目されるのが、MBTユージフリップ。
2014FWシーズン発売の商品ですが、幸いまだ商品があり、サイズも比較的揃っています。あぁ良かった!
旧商品につきお値段もお求めやすくなっています。こちらには書けませんが、スタッフまでお尋ねくださいませ。
★ユージフリップの過去のブログ記事はこちら

MBTユージフリップ277W(カラー:ブラック)


MBTユージフリップ276W(カラー:トフィー)


かなり存在感のあるブーツですが、そこがグッドなのです。
トフィーの色は使用しているうちに、革の味が出て少し明るくなってきます。クリームで油分を補えばほぼ元の色に戻り小傷も消えます。このブーツが発売された時は「なぜここにD環使う?!」とブーイングが起きたものですが、今となってはD環がとてもお洒落に見えるから不思議。いっそシューレースは登山靴用の丸紐にしてしまっても良いと思います。

こんな感じになります〜(写真では長さが足りてませんが…170cmくらいの長さがあればきちんと上まで通せます。登山用品店へ行くとそのくらいの長さのものがたくさん売られています)

でもって、今年風に履くなら、ウール素材のパンツやニットのスカート、柔らかなプリーツスカートなど、きれいめなスタイルと合わせると良いですね。
トフィー、ブラックともにEU40は完売していますが、それ以外のサイズは今のところご用意可能です。気になる方はお早目にどうぞ!

※注※トレッキングブーツと書いたのは、ファッション的な意味です。MBTは舗装道路を歩くために作られていますので、実際のトレッキング、登山には向いていません。
 
ファッション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

デニム・オン・デニム

デニムがトレンドアイテムになっている2015春夏。
しかも、微妙に色や染めの違うデニム同志を組み合わせるのが、今年風なのだとか。
そういえば、いつしか「ジーパン」とか「ジーンズ」って呼ばなくなりましたよねぇ。でも「Gジャン」はいまだに「Gジャン」なんですよね。
デニムは誰でも持っている定番アイテムだから、今すぐにでもトライできそう。

MBTでも、たまにデニム生地やデニムっぽいカラーが登場します。今年で言うとエムジャンボ5です。
デニム・オン・デニムのコーディネイトに、ターキーブルーのMBTエムジャンボ5でとどめをさしてみました。
さわやかなブルー系。

MBTエムジャンボ5 313W(ターキーブルー)¥33,000(税抜)
アッパーはキッドスウェード(つま先はパテントレザー)を使用しています。

これから暑い日が増えそうですので、デニムでさらっとお過ごしください。
 
ファッション | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ノームコアという流れ

珍しくファッションの話題を。

昨年からよく耳にするようになった「ノームコア」というファッションのスタイルをご存じでしょうか?
ノームコア(Normcore)は、普通(Normal)+究極(Hardcore)を組み合わせてつくれらた造語で、「究極の普通」と直訳されます。
ニューヨークから世界中に広まったと言われ、流行やブランドにとらわれず、ベーシックなアイテムを自分らしくお洒落に着るスタイルを指すようです。この自分らしく、という点がポイントです。

例としては、
・ソックス×サンダル
・スウェット、デニム
・パーカー、トレーナー
・つっかけ、スニーカー
・上質でコンフォータブルな素材
・ベーシックだけれど自分の身体に合ったシャツ
みたいな、飾らないファッションアイテムが挙げられます。

*イメージがわかない人は、ノームコアのキーワードで画像検索すると、いっぱいコーディネイトのサンプルが出てきます。

書いている私も、ファッションの街・恵比寿を、スウェットやリュックを背負ったスタイルで出社していますし、ドタ靴のMBTを履いて、無印良品のTシャツやアメアパのウェアをこよなく愛している…。(クラッチバッグとハイヒールで決めたお姉さんを、はやてのように追い越す時は、複雑な気分になるわけです)
ノームコア?あら、ひょっとして私のこと?と思いましたよ。ただ、日によって全然違う格好もしますし、特にベーシックを意識しているわけではありません。

モードも良いし、ファッショントレンドを楽しむのも良いと思うんですが、なんでもすぐに時代遅れにさせるような風潮はなんだかなぁ…と疲れてしまいます。周りを見ていても、いかにも流行りの服は買わなくなった人が多いと感じています。
もともと無難好きな日本人ですから、国内でもノームコア人口は増え続けると思われます。

故スティーブ・ジョブスや、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグがノームコアの代表としてよく挙げられています。
スティーブ・ジョブスなんかは、お洒落というよりは、完全に別の理由で同じアイテム(プレゼンの時は決まって、イッセイ・ミヤケの黒のモックタートルをブルージーンズにイン、足元はニューバのスニーカー)ばかり身につけていたという話ですが、それもひとつのこだわりといえばそうなのでしょう。脳内のタスクを少しでも減らしたいとの意図もあったんじゃないかな、と思います。

でも、いくらノームコアが「普通」だからといって、全身を「普通」や「無難」系アイテムでまとめてしまうのは、ちょっとつまらないし、イケてない人になりやすいので注意が必要、だとか。
ワンポイントでノームコアのエッセンスを取り込むくらいがちょうど良いという説も。あまり気張らずに、自由に楽しもうとのことなのでしょうね。

ノームコアについては、ファッション業界でもいろいろな見解があるようですが、単なるファッションの枠を超えたライフスタイルというか、文化なのかなぁと言う気がします。そういう意味では、こちらの記事に、とてもわかりやすくまとまっていますので、興味のある方は読んでみてください。(以下一部引用)

「ファッションがその人の本質を決めるのではない」という哲学が彼らの根底にある。どんなに平凡な格好をしようが、普通にふるまおうが、自分は十分個性的でユニークな存在だと知っており、それをわざわざ他人にわかるように公表しなくてもよいと考えるのがノームコアなのだ。

この部分は、なるほどなぁ。と、膝を打ちました。

また、普通の服をさらりと着てサマになるためには、やはり肉体がしっかり鍛えられ、姿勢がきれいで、肌が健康的・・・などの要素も必要だと思います。同じものを着てもノームコア系になるか、モッサリ系になるか(笑)…着る人次第ですよね。

せっかくなので、ここはノームコアなMBTっていうのも選んでみましたよ。
迷わずこちら。「ナファシ」シリーズです。
廃盤になっていますが、ナファシ(メンズ、レディース)のブラックとホワイト(再販のリクエスト多し。実現まで少々お待ちください?)。
product_mbt_lwc116l_s.jpgproduct_mbt_lwc115l_s.jpg

ナファシストラップ(レディースのみ)のブラックとホワイトは現在も販売中。
product_mbt_lwc273l_s.jpgproduct_mbt_lwc272l_s.jpg

いずれも自分らしいスタイルを持つ人に選ばれる傾向にあります。MBT全般においても言えることで、靴自体が特別スタイリッシュってわけではなく、それをどう履くかがカギなのです。

 
ファッション | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg