コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MBT(ブーツほか)あったかコーディネイト | main | 本日羽田ナイトウォーク決行です >>

アロマケアin加須



昨日、福島第一原発の事故により双葉町の方々が集団で避難生活を送っている埼玉県加須市の旧騎西高校へアロマケアのボランティアトリートメントに行ってきました。

双葉町は5号機と6号機が立地し、原発から20km圏内の立ち入り禁止区域に指定されているため、住民の皆さんは、福島県内の避難所、ここ加須市の避難所(700名くらい生活)、また近隣の借り上げアパートなどで生活を送っていらっしゃいます。加須市の旧騎西高校に避難したというニュースを見てから、ずっと手伝いに行きたいと思っていたところです。

私が今回参加させていただいたアロマケアチームは毎週この避難所を訪問しています。
ハンドケアチームとボディケアチームに分かれて、トリートメントを行います。私も昨日は7名ほどの方々のハンドケアを施術させていただきました。60〜70代の男性が多かったですねー。双葉町の皆さんはとにかく明るい!8ヶ月にもわたる避難生活、いつ故郷に戻れるのかもわからない状況の中で、体も心も疲れきっているはずなのですが、そんな様子を見せる方がほとんどいないのです。
でもよく体調を伺うと、やはり持病が悪化していたり、不眠のため眠剤を常用していたり・・・という方が少なくありません。おそらくマッサージを受けにきてくれる方は比較的元気な方で、部屋の外になかなか出られないほど弱っている方もたくさんいるのだろうと思います。

それから町民の皆さんがとても仲が良いです。
マッサージを受けている最中も後を通りかかる人が必ず声をかけていくし、集まってきて楽しそうに話ています。そういう様子を見ていると私達も心が和みます。東京で暮らしていると、こうした地域のコミュニケーションが本当に少ないと感じます。

アロマケアチームは加須の避難所がある限り継続的に活動していくそうなので、私も時間の許す限り参加するつもりです。

個人的にはセラピストとしての“本当にやりたいこと”を再確認できるありがたい機会となりました。
私がセラピストの仕事を始めて18年になりますが、施術に対するスタンスが変わって来ています。本音を言うと、お金をいただく施術をいずれは辞めたいと思っています。マッサージなんか誰も必要としないくらい、みんなが元気だったら一番幸せなのに、とも思います。
それで時々、ちょっと具合が悪そうな人をケアしてあげて、元気になってもらう。お金ではなく、お礼に果物や野菜をもらうか、家の掃除を手伝ってもらう、みたいな感じで細々やっていくことが出来たら良いなー、と想像しています。昔ばなしに出てくる物々交換ですな。。

皮肉なことに、都会で豊かに暮らしているように見える人々のほうが心身の状態は病んでいます。だから私たちの仕事もまだまだあるんですけどね。また今日から仕事に励むぞ〜。
社外活動 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coregallery.jugem.jp/trackback/577
この記事に対するトラックバック
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg