コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大阪・奈良その .船優ぅ競鵝大阪 | main | 大阪・奈良その 春日山原始林を歩く >>

大阪・奈良その◆〇偉愡海

奈良方面へ行ったら、大神神社に参ろう、三輪山に登ろう、って何年も前から決めていました。
三輪山そのものが、大神神社(おおみわじんじゃ)(または三輪明神、三輪神社とも呼ばれる)のご神体となっているため、この神社には本殿はなく、拝殿から三輪山を仰ぎ見る古新道の形を残しています。祀られているのは大物主大神(おおものぬしのおおかみ)。

高さ467mという低い山ですが、古来より神の鎮まるお山として、『古事記』や『日本書紀』にも記され、信仰されてきたそうです。
神宿る山ゆえに、早い時代より禁足(きんそく)の山となり、江戸時代には幕府より厳しい制札が設けられ、神社の山札がないと入山することは出来ませんでした。今でも、ここに登るには一定の決まり=入山の心得が設けられています。

・狭井神社で入山の手続きをし、白いたすきを受け取る。たすきを首から下げ参拝
・登る前に身を清める
・山での飲食は禁止(水、お茶での水分補給のみOK)
・山の中は写真撮影禁止
・3時間以内に下山しなければならない
・純粋にお参りとして登ること

などなどです。

ということで、写真は離れたところから撮ったものだけ。

JR三輪駅から登山口の狭井神社まで5分くらいですが、私はJR桜井駅からの20分くらいの道のりを歩きました。
その道が「山の辺の道」という大和の古道ウォーキングコースになっていて、すごく風情があるんです!すっかりこの土地に魅せられました。




「山の辺の道」から望む三輪山。下には大和川が。


拝殿

普通に登って下りてくると、約2時間です。
私はちょっと急いでいたので(急ぐ山じゃないって話ですが・・・)、参拝開始の9時ちょうどから登り、1時間20分で下りてきました。下りてくるころには、だいぶ人が増え、入山手続きも混雑していましたので、空いている平日や朝一の時間が狙い目だと思います。

遠くから見ても、きれいな円錐形の山容から「あれだ!」とはっきりわかるだけの存在感があります。山の中も手付かずで美しく、登山道だけ整えられています。というか、しっかりと踏み固められていて、参拝者の多さをうかがわせます。ここは裸足で登る人も多いそうです!
山の中よりも、私はむしろふもとが神々しい感じを受けました。もうちょっと時間があったら、ふもとをぐるりと1周してみたかったです。

自然を崇拝するアニミズムの特色が強い三輪山。自然のパワーを全身で感じることが出来、チネイザンのセッション前に最適な瞑想にもなりました。

清めの御砂を買ったので、店に配置してみようと思っています。

アウトドア | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coregallery.jugem.jp/trackback/625
この記事に対するトラックバック
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg