コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カスタマイズ・MBTサンダル「ピアイエ」編 | main | 靴下選び方ガイドを貼りました >>

山と海と空を満喫!

おとといまで夏休みをいただき、伊豆諸島の御蔵島(みくらしま・東京都御蔵島村)に旅行してきました。

mikura_10.jpg

東京の竹芝桟橋から1日1便しかない大型客船で7時間以上かかりますが、野生のイルカに会えることで近年観光地として人気の高い島です。
御蔵島の詳細については御蔵島観光協会のサイトをご覧いただくとよくわかります。

私は当初御蔵島の山に登りたくて調べていました。そして、イルカのことやエコツーリズムにより地域固有の資源を生かした観光が成立していることなどを知り、どうしても訪ねてみたくなったのです。

旅の様子をご紹介します。(写真が重いかも、すみません。)

mikura_09.jpg
ガクアジサイについて説明するガイドさん。
美しい島を描きたくて御蔵島に移住したという日本画家の女性に、半日かけて山のガイドをしていただき、山歩きをしました。美しくてたくましい彼女が履いている地下足袋に目が釘付けに。

mikura_05.jpg
御蔵島の最高峰、御山(おやま)山頂。常に雲で覆われている御山とあり、眺望はまったくなし。小雨も降っていました。
でも、水分の多い山は、やはり雨や霧の中を登るのが私は好きだな。
珍しい固有種の植物や蝶も見られました。

一瞬雲が晴れ御代が池が現れる。
mikura_07.jpg


mikura_04.jpg
初めてのイルカウォッチングへ。
さて先日のスキンダイビング練習の成果はいかに。。
ウォッチング船の上からイルカを見つけたら静かに海に入ります。
野生のイルカは至近距離で見るとものすごい迫力。シュノーケリングで水中を眺める。ウエットを着てしまうと、おもりをつけない限り、ほとんど潜れないんですね。
深く潜水できたらもっと楽しいだろうなぁ。
(翌日にも再びイルカに会いに海に出ました。)

凪の夜にオオミズナギドリという海鳥が港や村の一部で見られるとのこと。
夜、風がなかったので港まで散歩してみると、たくさんの星とオオミズナギドリが空を舞っていました。これには言葉も出ないほど感動!!

mikura_02.jpg
海から里を見た図。

mikura_01.jpg
きっとまた来ます。まだまだ歩きたいところがたくさん。

コンビニもタクシーもない断崖絶壁の小さな山村の島。
船も欠航が多いし、不便なことは確かです。でも、その「便利」とか「不便」とか単なる人間の幻想では?とも思うし、最近ますますよくわからないです。
イルカも山も海も鳥も人も、不便に見える地形も全部ひっくるめて御蔵島の魅力。
持っている資源で出来る範囲のことを淡々とやる。そんな(良い意味で)頑張らない暮らしがすごく良いと思いました。
こんな風にグローバリゼーションにのみこまれない村づくりが“東京都”の中で実現しているとは思いませんでした。離島でなくても可能な気がしてきました。

mikura_06.jpg

mikura_11.jpg
コケの写真、撮り過ぎた・・・。

イルカの写真も忘れずに村の商店でゲット。


アウトドア | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coregallery.jugem.jp/trackback/649
この記事に対するトラックバック
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg