コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夏休みのお知らせなど | main | Nelgu(ねるぐ)枕 >>

動ける身体を手に入れる?

本屋へ行くと、ボディワークや身体トレーニングのコーナーはチェックするようにしています。
先日ふと目に留まったこの本。
「動ける身体」を一瞬で手に入れる本』(中嶋輝彦著/青春出版)

中身をパラパラ見て、面白そうだなぁと思ったのですが、その日は別の本を買う予定だったので、いったん買わずに帰りました。でもやっぱりどうしても気になって後日購入しました。

身体能力を最大限に引き出すための3つの動きを紹介した本なのですが、この3つの動きは、とても簡単に実践できます。3つの動き×3セットで10分程度です。これを毎日やるわけですが・・・劇的に身体が変わります!!
私の個人的な感覚では股関節周辺にあった“つっかえ棒”が外れたような感じで、いつもどおりに歩いてみると「あれーー?人間は本来こんなに歩きやすくできてたの??」と驚いたほどです。

理屈としては、単純というか、簡潔で
・硬くなった筋肉をほぐすには、“拮抗筋”を使う
・眠っている「広背筋」を呼び覚ます
・野生動物のようなしなやかな背骨の動きを実現
・「屈筋」より「伸筋」を鍛えると、精神面にも良い影響がある
といったポイントに基づいていて、3つの動きは身体の移動をスムーズにさせるためのストレッチみたいなものです。

超合理的なメソッドだと思います。
もちろん同じことをやっても効果には個人差があるはずですが、少なくとも日本人に多い骨盤後傾タイプには早い段階で変化が起こる気がします。
骨盤のとらえかたは非常に難しいですね。
後傾も前傾もさせずに「骨盤を起こす」感じなのだと思います。これができると、腰痛とか姿勢の悪さが改善されるのです。
骨盤が起きると、見た目的には、少し前傾したよう(反り腰のよう)にも見えます。
「前重心ということ?」と思うかもしれませんが、この本では重心の所在については触れられていませんでした。(それは正しいと思います。何しろ「重心」という言葉ほどあいまいで厄介なものはないですから)

1日10分足らずのエクササイズです。
それさえもやらない自信のある人は読むだけ無駄になるので、読まないほうが良いですよ(笑)
ただ、もともと不精な人でも、即効性があると案外続くものです。肩こりや腰痛にお悩みの方には、ぜひおすすめしたいです。
ロコムーブの公式サイトの中に、イントロダクション動画もありますので、ご興味もたれた方は、観てみてくださいね。

私はつい先日、往復8時間以上のわりとハードな登山をしましたが、1週間ほど前からロコムーブを実践していたおかげか、筋肉痛がほとんどありませんでした!いつもなら、途中からザックの重みで肩が凝って、ショルダーベルトをだらしなくずらすのですが、ザックもまったく重く感じないのです。そんなことは山人生の中で初めてだったので、かなりびっくりしています。
ほかに効果といえば、腕が細くなった気がします。
お腹にも多分効くと思います。

暑いので、外へ出る機会も減って運動不足になりがちな季節です。
身体に心地良い刺激をあたえてあげることを、忘れないようにしたいです。

 
おすすめ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coregallery.jugem.jp/trackback/868
この記事に対するトラックバック
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg