コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MBTアフィヤアスレ5 | main | MBTシンバアスレ5 >>

春に向けて


ボディワーク仲間の間で話題の書『BORN TO RUN』。
すぐ近くの臨川みんなの図書館でずっと貸出中になっているので、今朝、中央図書館まで行ってゲット〜!

この冒険は、たったひとつの疑問からはじまった。「どうして私の足は走ると痛むのか?」その答えを探すなかでクリストファー・マクドゥーガルは世界でもっ とも偉大な長距離ランナー、タラウマラ族に行きつく。その過程でわかったこと―わたしたちがランニングについて知っていることはどれもすべてまちがいだ―

この本のレビューは後日書くとして。。

「走る」というと、何か特別なスポーツをイメージする人が多いようです。
ランニングブームの影響でしょうかね。
MBTアカデミーの間さんと雑談していた時に「身体(健康)に良いから、という理由で走る人は絶対続かない。楽しいから走る、でなければ走り続けられない」という話を聞きました。
わかる気がします。私の場合は、健康のため(もしくは仕事のため)に走り始めましたが、今は、走り終わった後のすっきり感・身体のテンションが変化する快感を得たくて走っています。走っている最中の楽しさは、残念ながらまだそこまで感じたことはないですね。苦痛ではない、って程度。
もっと言うと、レースに出る云々は抜きにして、動物として「走れる」身体でいることが当たり前なのでは?と考えるようになったことが大きいと思います。「Barefoot=裸足」というキーワードとも関連してきます。

そんなわけで、通勤の道すがら、春に向けてジョグのイベントもやりたいなぁ、などとぼんやり考えていました。

すると、つい先ほど店に突然見知らぬ男性が「山田さんですか?」と訪ねてこられました。
こちらもこの半年ほど、お会いしたいなー、と強く思っていたところだったので、ただビックリ。このブログからのアクセスとバックリンクをたどって来てくださったようです。ブログやってて良かったー。
予告します。
近々すごく面白いイベントが実現できそうです!歩くことが、変わるはずです。

期待してください!

当店はリニューアル以降、キャッチフレーズを
“一生自分の足で歩くために!”
にしています。
深い意味はなく、そのままです。
特に怪我をしたわけでもないのに腰や膝が痛いとか、メタボであるとか…、不健康が世の中に蔓延しています。自分の足で自由に歩けなくなったらどうなるか?想像に難くないですよね。歩くや走るは運動と呼ぶまでもない自然な動作であるべきで、生活の中にふんだんに取り入れられるのが理想です。それから、正しい知識も大事。
MBTを正しく使ってもらうことはもちろん、身体に関連するセミナーやイベントは今年もどんどんやっていきます!
つぶやき | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://coregallery.jugem.jp/trackback/930
この記事に対するトラックバック
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg