コアな健康日誌

MBTウォーキングショップ恵比寿コアのスタッフブログ。
MBTシューズ、サンダル、ブーツの最新情報から、美容・健康の話題までお届けします。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

不都合な真実(その2)

昨日の不都合な真実の感想の続きです。いや、ちょっと話は反れます。

私の友人で、地球環境保護に関心の高い人が何人かいます。
かつて仕事をした仲間の中にはいわゆる「運動家」も多く、お金にもならないのに必死で環境保護や啓蒙活動に力を注いでいる人もいます。

そんな人たちと「何故、こういう問題に関心を持ったのか・・・」という話になることがあります。
すると、育った環境というのが見えてきます。
多くの人が
「母親の影響」
だったり、
「自分の育った緑豊かな環境を守りたい」
というような身近なところから始まっています。

私も平均的な日本人よりは環境(持続可能性)やエコロジーに関心は高いほうだと思うのですが、個人的な話をしますと、やはり母親がエコな行動をしていたことに影響を受けていると思います。小学生の頃から、うちの庭先には必ず牛乳パックが干してあり(もちろんリサイクルの為)同級生が不思議がっていましたし、洋服でも何でも捨てる前に再利用の方法を考える事を当たり前のように教えられました。
加えて、自分の育った土地が適度に田舎で、環境の汚れをしっかりと自分の目で確認できたことも大きいと思います。

東京で暮らして思ったことは、臭いものにはほとんどフタがされているということ。ゴミはどれだけ多くともいつでもマンションのごみ置き場の扉の中に置けて、生活排水が流れ出ているところなんて、目にすることはほとんどありません。
田舎はどうかというと、そこかしこにどぶ川があって、近寄るとヘドロは汚いし悪臭がスゴイ!その生活排水は、時にバスク○ンやシャンプーのような化学的な臭いとミックスされていて、家庭から排出された化学物質が自然の環境で分解できていないということがよくわかります。

これはごく身近な「不都合な真実」なんですよね・・・
東京での生活はそれさえも見えづらいことが多いので、フタの下を想像する力も必要だなぁ、とつくづく思います。
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

不都合な真実(その1)



気象庁の観測史上初、初雪前に春一番の吹いた昨日・・・
話題の映画『不都合な真実』を観てきました。

とても観る価値のある映画だと思います。ご覧になっていない方は、是非見てみて下さい。DVDが出てからでもいいかもしれませんけど。

元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が自分の生の声で人々に地球温暖化問題を伝えた活動(世界を巡ったスライド講演)が描かれています。
今地球上で起こっている異常気象や自然災害の多発、種の絶滅、奇病・・・多くの政治家たちが耳を貸そうとしない『不都合な真実』。この大きな問題は、実は私達ひとりひとりの行動、心がけで確実に改善されていく、というゴア氏の訴えが心に響きました。
非常にネガティブなストーリー(現実)ですが、それを受け止め、何かしら行動を起すことはポジティブなことなのです。

環境破壊、地球温暖化に関する新聞記事や書籍もたくさんあるけれど、どれほどの人がそれを真剣に読めるだろうか?と考えるとそう多くはないと思います。
でも映画なら、難しくもないし、1つのドキュメンタリーとしてすんなりと受け入れられるんですよね。

1人でも多くにこの映画、見て欲しいです!誰かを誘って是非!!

オフィシャルサイトからバナーがダウンロード出来ます。
http://www.futsugou.jp/downloads/index.html
ブログやサイトをお持ちの方は貼ってみて!
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

年の瀬のお供



年内の営業も今日を含めあと3日となりました。
町内会からは『賀正』の張り紙を配られたり、、、と一気に正月モードに入っております。

年末の大掃除、済みましたか?
私達は、まだ何も!
でも、掃除グッズだけはちゃーんと用意してあります♪っていうか、常に在庫しています、笑。
「激落ちくん」と「重曹」。
この2つが無いと大掃除は始められないっ!!

激落ちクンは、使っている人が、さぞ多いことと思います。
(おっと、激落ちクンって商品名でしたね、、一般名称は「メラミンフォーム」であります。)
ナベの焦げ付きから、油汚れから、なんでもよく落ちます。洗剤なしで汚れが落とせるなんて究極のエコロジーグッズですよね。ゴミになるのもこの激落ちくん本体だからごく少量。
一体このコがいなかった時代は、どうやって掃除してたんだ?!(大げさ)って思うぐらいもう手放せないです〜〜
キャンドルを使っていると、うっかり溶けたロウをテーブルにこぼしたりします。ロウって洗剤を使っても決して落とせないんですが、この激落ちクンでは一発です。

そしてもう一つはおなじみの重曹。
いつもはタオルの洗濯用に重曹を使用しています。油汚れを落とす力は合成の界面活性剤と同レベルです。劇的に落ちるわけではないけど、合成の洗剤を使うよりは絶対重曹ですね。安いし。
窓ガラス拭きにも使えます。水500ccに対して重曹大さじ1/2を溶かして、スプレーボトルを作っておくと、マイ○ットのように、目立つ汚れを何でも落とせる便利な洗剤になるんです。

重曹はここ数年特にブームになっていて書店にもたくさん専門書が並んでいます。重曹をうまく使いこなすと、もう洗剤はあれこれいらなくなります。ほかにも酢などの天然素材でお掃除ができたりしますよね。それなのに、未だに膨大な種類の化学合成洗剤が売られているんですよね(つまり、合成洗剤が減っていない気がする)・・・本当に不思議。コマーシャルがある限り、商品は売れてしまうんだなぁと実感します。
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

私の地球踏み付け面積

エコロジカル・フットプリントという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

人間が自然環境に与える「負荷」の計測法のひとつです。
人間が生きるということを、物理的に考えると
資源を消費する
廃棄物を排出する
この2つになるわけです。
(もちろん、文化活動をしたり、たくさんのお金を生んで経済を潤わせたりもしていますが、お金の価値というのは目に見えないものですから、また次元の違う話です。)

エコロジカルフットプリントとは、人間が現在のレベルの資源消費と廃棄物排出を維持するために必要な土地面積のことを指します。
この土地面積=エコロジカル・フットプリント=そのエリアで自然環境を踏みつけている面積であり、人間の足跡(Footprint)です
例えば、日本人という集団。日本人のエコロジカルフットプリントは4.3ha/1人と算出されています(WWFの「Living Planet Report 2004」データ)。全世界に公平に割り当てられる面積は1.8ha/1人なので、日本人は現在の消費活動のスケールを
1/2以下にしなければならない・・・・

この計測方法は、今国連や世界各国の環境調査などにおいて役立てられています。
算出方法は複雑で、自分自身の生活のエコロジカルフットプリントを計算することはかなり困難ですが、平均的な消費活動を営む人であれば、上記の(日本人の)数字を参考にしてよいでしょう。

日ごろ足に接する仕事(毎日誰かの足裏を眺めていますからね)の私としては、足跡(フットプリント)でもって地球環境への依存度を知る、という点に親しみを感じずにはいられませんでした。これを把握した上で、地球環境持続のためのプランニングをしなければいけないんですけどね。

ますます足元(色んな意味で)に意識を向け、生活せよ。ということなのでしょうか。

もっと深く知りたい人は・・・
エコロジカルフット・ジャパン http://www.ecofoot.jp/

サイドバーにあるおすすめ本「エコロジカルフットプリント」も読んでみてね♪
↑昨今LOHASだとかいう言葉が乱れ飛んで、誤った使われ方をしていることが多いですけど、本当の意味でのSustainabilityを理解できる本です。
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

暑中見舞いでエコ



お盆過ぎましたので、ほんとは『残暑見舞い』なんですけどね。

今日はただの暑中見舞いではなくて、国際環境NGOであるFoE Japanがやっている「脱・使い捨て」を掲げたキャンペーンの紹介をします。

皆さんはお気づきでしたか?
日本国内のスターバックスでは、店内で飲む暖かい飲み物はマグカップで提供されるのに、冷たい飲み物は使い捨てのプラスチック容器が使用されており、リユース容器ではありません。
涼しげなグラスに入った韓国のスターバックスのフラペチーノの写真を暑中見舞いはがきにして、全国のスターバックスコーヒーの店員さん(パートナー)に送り、使い捨て容器→リユース容器への転換を求めよう!というのがアクションの概要です。
詳しくはFoE Japanのサイトで。
(お隣の韓国では、法律でも使い捨て用品が厳しく規制されていて、その辺日本より進んでいるようですね)
大量のプラスチック容器が使い捨てされることは、限りある石油資源の無駄遣いであり、地球温暖化への影響も大きいことは言うまでもありません。

私もたまにテイクアウトでアイスコーヒーを買うので、常々プラスチック容器のことは気になっているんですが、タンブラーを買うほどでもないしなぁ・・・と迷いつつ、利用する機会が減っているこのごろです。
ヘビーユーザーの方ならばタンブラー持参をおすすめしたいです。

↑こういった、セレブのスナップを「かっこいいなー」と眺めていたんですが、

↑持っている容器をこっち(タンブラー)に変更してくれると、もっとカッコイイ!
と思います。

そして、店内で飲む冷たい飲み物をオーダーをする時は
「マグに入れて下さい。」
この一言でOKです♪

店内でサーブされる使い捨て容器がこのキャンペーンの対象となっているのは、「最も正当性のない使い捨て」と判断されているからです。製造、流通過程を経るほかの商品と違い、注文から席について飲むほんの数分間のためだけの資源ということになるので、確かに無駄といえますよね・・・。
企業としては、すべてをリユース容器にした場合、洗浄にかかるコスト、スペース・・・色々な問題があるとは思うのですが。


コアギャラリー&スパWeb Siteへはコチラから
いつも簡易包装にご協力いただき、ありがとうございますm(_ _)m
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

農薬ポジティブリスト制度



5月から食品衛生法が一部改正され「農薬ポジティブリスト制度」が導入されたので勉強会に行ってまいりました。

私たちが日ごろ口にする野菜も加工品もすべてについて、農薬の残留リスクを減らすために導入されたはずなのですが・・・・
はっきり言って大変分かりづらいのです。残留農薬をすべての食物について検査できるわけでもないですし(でもたまたま検査で基準値以上の農薬が確認された場合は流通させてはいけない)、農薬を使っても残留していなければとりあえずOKという風にも捉えることができます。
基準値が農薬によってバラバラすぎるし、これだけわかりにくいと農家さんや流通業者の負担だけが増えるのだろうな〜、と思います。

ただ、ひとつメリットを挙げれば、これまで慣行栽培(特に農薬や化学肥料を減らす努力をしていない栽培)をしていた生産者も、少しづつ使用する農薬について考慮するようになるだろう、ということ。
有機農業を実践している生産者にとっては、堂々と周りの生産者に「(農薬の)空中散布はやめて下さい」ということもいえるようになるのですから。

日本のように国土が狭いと厳密に有機農業を営むのはかなり難しいです。
当店で扱っている化粧品は、ドイツのオーガニックコスメが中心ですが、厳しいオーガニックの認定をクリアーした製品です。同じようなこと(製造)を日本でやろうとしたらとてつもなく難しい!
と、改めて海外コスメのありがたみを感じました。
同じ品質でドメスティックものであれば、それが一番良いんですけどね。

エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

紙にもいろいろあります




名刺が残り少なくなっていたので、いつものはんこ屋さん21にオーダーを出しました。前回までは再生紙で作っていましたが、今回は気分を変えて間伐材の紙でつくることにしました。
エコロジカルな紙といえば、再生紙ももちろんそうですが、非木材(ケナフなど)もあるし、『間伐材』もりっぱなエコ素材です。

日本の森林の伐採により生まれた間伐材ですが、なんで木を切ることがエコなの?環境破壊じゃないの?と思うかもしれませんので、説明を。

1.山の土壌、森林の機能のため
戦後、木材生産を目的に大規模な造林政策がとられました。このような「人工林」は手をつけない方が良い「天然林」とは違い、適度に伐採(間引くように伐るので間伐という)をする手入れが必要です。間伐をしないと、土地が貧弱になり、少しの雨で土砂が流れ出す保水力の弱い森になります。
また、木の生長量が落ちるため、二酸化炭素の吸収固定機能も低下してしまいます。(地球温暖化を促進をしてしまう)

2.日本と世界とのバランス
今日本の森は、国内需要の9割を時給できる量の木があります。しかし、その資源を利用せずに放置し荒れている森が多いのです。一方で世界の森(特にロシアや東南アジアの原生林)から価格の安い木材を大量に、膨大なエネルギーを使って輸送しているのが現状です。中には違法伐採による木材もあります。

何年か前に神奈川で有機農業を営む農家さんを訪ねた時、その方は農業のかたわら、ヒマを見つけては山に入り、手作業で間伐をしていました。その時も日本の森林の現状について説明を聞いたのですが、今になって間伐という行動の重みがよく理解できるようになりました。

ペーパーレスという言葉はあるけれど、毎日仕事で使いゴミとなる紙の量は相当なものです。まずは、紙を増やさない努力、そして全てではなくても環境に負荷を与えない素材の紙を・・・と思います。名刺や封筒といった宣伝効果の高いものは特に心がけたいですよね。

☆私が利用するはんこ屋さん21でも、各店で間伐材の名刺を取り扱っています。

☆世界と日本の森林保全に貢献する「フェアウッド・キャンペーン」
http://www.fairwood.jp/
エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

今日からキャンドルナイトです

今日から『100万人のキャンドルナイトイベント』が始まります。
6/17(土)〜夏至の21(水)まで20:00〜22:00は是非電気の明かりを消してキャンドルの灯りで過ごしてみませんか?
少々不便ですが、電気を消すということで、普段なかなか気づかないことに気づき、ゆっくりとした時間を過ごすことができるのではないでしょうか?
エネルギーのことだけではなく、時間の使い方、消費の仕方、見直すことができたらいいですね。

当店ではこのイベントに合わせ、17(土)〜23(金)まで期間限定のキャンドルライトセラピーを行っています。
期間中の予約はほぼいっぱいになってしまいましたが、17(土)から21(水)は店頭もライトダウンして、キャンドルを使用していますので、いつもと違った雰囲気を楽しみに、是非ご来店下さい。

エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

熱帯化

ノヽ口―_φ(゚▽゚*)♪
今月も頑張っていきます!

月末に凹むことが多々あり、気分転換のために実家のある熊谷へ帰ってきました。しかし熊谷は熱帯化している…
昨日(5月1日)の最高気温は31.4℃。
昔から熊谷の夏の蒸し暑さは有名ですけど、ここ最近益々加熱しております。なんでも、東京で排出するCO2たっぷりの汚染された熱風が熊谷方面へ流れてくるそうだ。そして熱風は秩父の山脈にあたり麓である熊谷近辺で行き場をなくす…。
私も熊谷という田舎で生まれ育ちながら、もう10年以上も東京でエネルギーを大量消費(1人暮らしってぜいたくにエネルギーを使いますからね)しながら生活している身でえらそうなコトはいえませんが、都会でのCO2排出量はやっぱりもっと一人一人が考えないといけませんね。
今日もお客様が蜜蝋キャンドルを買っていって下さいました。
日ごろから、環境のために使わない電気は消す習慣をつけているとおっしゃっていましたよ。そして、米の研ぎ汁も植木にやっているそうです。

私はとりあえず、タクシーに乗る回数をゼロに近づける試みをしています。(タクシー業界の方、ごめんなさい。)やれば出来るもんです。次の予定に急ぐ時は、いつもの倍のゆとりをもって行動。タクシーの速さに頼っていた以前よりも遅刻をしなくなりました。
エコロジー | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

雨の日の洗濯が・・・

重曹洗剤
なんだか最近毎日雨が降っていますねぇ。
今日も昼間は晴れてたのに、夕方から雨です。
こんな天気の悪い時は、洗濯物が乾かず困ります。

施術で使うタオルなどの洗濯物、どうしようかずいぶん悩みました〜。
洗濯機を置いて洗おうか、それともリネンサプライに頼んでリースで使おうか。マッサージの際にオイルを使うので、店内での洗濯はどうしても完全にオイルが落とせなくて、タオルが早くだめになってしまうのです。
プロのクリーニングって、本当に強力。同じ水洗いだと思うけどいったいどんな方法で(洗剤で)洗っているんでしょうか??

結局店内に洗濯機置いて洗ってるのですが、役立っているのが重曹洗剤、その名も「洗ってHappy」。天然成分で油汚れを比較的きれいに落としてくれるすぐれもの。泡はまったく立ちませんが、汚れの落ち具合は一般の合成界面活性剤入り洗剤と同等レベルです。
すすぎも1回でよくて、洗濯槽まできれいに保つ、もちろん排水で環境を汚すこともない、と良いことづくめです。

あー、早くすっきりと晴れて欲しいものですね。

◇洗ってHappyは福岡県の(株)エコサービスが販売しています。
TEL 092-571-0180


エコロジー | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
feed-icon-28x28.png f_logo.jpg